鬼尻キングレパートリー(YouTubeリンク付き、メンバー用)

アルファベット順(色付きがインスト曲、括弧内は曲のあだ名)

Big Chief
Blues for Ben
Boogie On Reggae Woman(レゲエ)
Charlie’s Groove
Come Rain or Come Shine
Don’t Let the Sun Catch You Crying(米田さん)
Freedom Sound(杉山ロック)
Georgia on My Mind
God Bless the Child(キャラメル)
Higher Ground
Hold on I’m coming
I Die A Little Each Day(オールレーズン)
I Wish
I’ll Come Running Back to You(Gバラ)
Isn’t She Lovely
Jelous Guy
Jessica
Knock on Wood
La Fiesta(トゥーリオ)
Money(That’s What I Want)(ドラえもん)
Mr. Bojangles
My Buddy
My Mama Told Me So
My Sweetness(いとしの貴女、きじょ)
Run For Cover
Same Old Blues
Send One Your Love
Shake Everything You’ve Got
Signed, Sealed, Delivered(デリバリー)
Spain
Still Crazy After All These Years(アメマ王)
This Masquerade
Too High
Valdez In the Country
What’s Going On
Willie and the Hand Jive(ハンドジャイブ)
You’ve Got a Friend
ソリューション
明日への道標I’m So Glad I’m Standing Here Today(味噌汁)

鬼尻キングのレパートリー表(メンバー用)

曲タイトル Inst曲
曲のあだ名
参考にしたバージョンのアーティスト 原曲アーティスト
Big Chief Dr. John Professor Longhair
Blues for Ben Stanton Moore
Boogie On Reggae Woman レゲエ Stevie Wonder
Charlie’s Groove New Jersey Kings
Come Rain or Come Shine BB King & Eric Clapton
Don’t Let the Sun Catch You
Crying
米田さん Robben Ford Gerry and the Pacemakers
Freedom Sound 杉山ロック Ike & Turner
Georgia on My Mind Ray Charles
God Bless the Child キャラメル Steve Miller
Higher Ground Stevie Wonder
Hold on I’m coming Sam and Dave
I Die A Little Each Day オールレーズン Otis Clay
I Wish Stevie Wonder
I’ll Come Running Back to You Gバラ June Yamagishi Ft. Bobby Womack Sam Cooke
Isn’t She Lovely Stevie Wonder
Jelous Guy Donny Hathaway John Lennon
Jessica The Allman Brothers Band
Knock on Wood Eddie Floyd
La Fiesta トゥーリオ Chick Corea
Money(That’s What I Want) ドラえもん Dr. John The Beatles
Mr. Bojangles John Denver, Cornell Dupree他 Jerry Jeff Walker
My Buddy Dr. John
My Mama Told Me So The Crusaders
My Sweetness いとしの貴女、きじょ Stuff
Run For Cover David Sanborn and Marcus Miller
Same Old Blues 近藤房之助 Freddie King
Send One Your Love Stevie Wonder
Shake Everything You’ve
Got 
Maceo Parker
Signed, Sealed, Delivered デリバリー Stuff Stevie Wonder
Spain Chick Corea
Still Crazy After All These
Years
アメマ王
Ray Charles Paul Frederic Simon
This Masquerade George Benson Leon Russell
Too High Stevie Wonder
Valdez In the Country Donny Hathaway
What’s Going On Donny Hathaway Marvin Gaye
Willie and the Hand Jive ハンドジャイブ Johnny Otis
You’ve Got a Friend Donny Hathaway Carole King
ソリューション コジカナツル
明日への道標I’m So Glad I’m Standing
Here Today
味噌汁
Joe Cocker

盛大にはみ出るなあ。

鬼尻キングのレパートリー(メンバー用)

アルファベット順(色付きがインスト曲、括弧内は曲のあだ名)

Big Chief
Blues for Ben
Boogie On Reggae Woman(レゲエ)
Charlie’s Groove
Come Rain or Come Shine
Don’t Let the Sun Catch You Crying(米田さん)
Freedom Sound(杉山ロック)
Georgia on My Mind
God Bless the Child(キャラメル)
Higher Ground
Hold on I’m coming
I Die A Little Each Day(オールレーズン)
I Wish
I’ll Come Running Back to You(Gバラ)
Isn’t She Lovely
Jelous Guy
Jessica
Knock on Wood
La Fiesta(トゥーリオ)
Money(That’s What I Want)(ドラえもん)
Mr. Bojangles
My Buddy
My Mama Told Me So
My Sweetness(いとしの貴女、きじょ)
Run For Cover
Same Old Blues
Send One Your Love
Shake Everything You’ve Got
Signed, Sealed, Delivered(デリバリー)
Spain
Still Crazy After All These Years(アメマ王)
This Masquerade
Too High
Valdez In the Country
What’s Going On
Willie and the Hand Jive(ハンドジャイブ)
You’ve Got a Friend
ソリューション
明日への道標 I’m So Glad I’m Standing Here Today(味噌汁)

事後ですが「街かど音楽会 vol.25」(2019.2.16)出演!

ろくに宣伝もせぬまま当日を迎えてしまいましたが、徳島Music Bar Rickyの歴史あるイベント「街かど音楽会 vol.25」に出演させていただきました。たまには宣伝ではない投稿もしないといかんな、と思いレポートします。

出演は

  1. ビートルズナンバーを素晴らしい再現度で演奏された「THE STICKS」さん。
  2. 普段あまりしない曲を練習不足のまま参戦の我々「鬼尻キング」。
  3. ロックの名曲たちを骨太なグルーヴで楽しませてくれた「Bunny&Slaves」さん。

の3バンド。

我々以外の演奏では常にリーダー大西がノリノリ。座席近隣のお客様、ご迷惑をおかけしました。出演バンドは皆様、原曲やアーティストへの愛が感じられる素敵な演奏ばかりでした。

さて、鬼尻キングは以下のセットリストで演奏させてもらいました。パクり元の音源のYouTubeとともに紹介します。

曲名 – アーティスト名 で書いています。アーティスト名は作曲者ではなく、鬼尻キングがアレンジの参考にしたバージョンを演奏しているアーティストを書いています。

1.My Sweetness – Stuff

邦題「いとしの貴女」。原曲のイントロも美しいですが、鬼尻キングはピアノ杉山が”My Love”(Paul McCartney)のメロディーをくっつけてアレンジしています。この曲の後は、いつもは間髪いれずに”Signed Sealed Delivered”(Stuff)に繋げるのがパターンになっており、鬼尻内では俗に「きじょデリ」と呼ばれています。

 

2. My Mama Told Me So – The Crusaders

今回は「きじょデリ」にいかずに、この曲に繋げました。たまたま和音の繋がりも良かったのです。原曲はラリー・カールトンによるリードギターですが、鬼尻キングは大西ギターに加えて、寿麗サックスもユニゾンしたりハモったり合いの手を入れたりして奥行きを出しています。

 

3. Come Rain or Come Shine – BB King & Eric Clapton

演奏するのはまだ2、3回めくらい?鬼尻にとっては新曲です。ブルージーなのにコードの展開がドラマチックな名曲。

 

4. Big Chief – Dr.John

鬼尻はソロ回しのときにシャッフルビートになるようなアレンジにしています。しばしばメンバーがソロを忘れて「あれ?今何の時間?」となります。

 

5. I Die A Little Each Day – Otis Clay

こちらも比較的やりはじめて日の浅い曲。鬼尻ではオーティスと言えばクレイ(?)。顔も若干リーダー大西に似ています。

 

6. Money (That’s What I Want) – Dr. John

1バンド目のTHE STICKSさんも演奏したビートルズのナンバー。かなり奇遇なセットリスト被りでしたが「どうする?やめとく?いや、やろう。全然アレンジも違うし。」と予定通り演奏。鬼尻ではアレンジを加えて、イントロはベースがリフを弾いて、直後に長ーいスラップベースソロ〜サックスソロという形になっています。コーラスが「That’s ドラえもん」と聞こえることから、鬼尻内では曲名「ドラえもん」で通じます。

 

ありがたいことに、トリでもないのにアンコールもいただきまして、

“Georgia on My Mind”、”Hold On”も演奏。

温かいお客様と素晴らしい出演者の皆様に感謝です。